イラストの専門学校に行く意味って大して無い!そう言われるけどそれって本当?

ネットなどで、イラスト専門学校に行く意味があるのか、という質問に対してよくある答えが、意味はないというものです。

特に専門学校に通ったからと言って、絶対にイラストレーターになれるとは限らない、お金の無駄という意見が多いですね。

でもこれ、本当に意味はないのでしょうか。

専門学校というものは

イラストや絵の専門学校だけでなく、いろいろな種類の専門学校が世間には存在します。

どこも共通しているのは、まず基本高卒での入学、加えてその専門に特化した授業を行う、ということですね。

同じ専攻でも大学の場合、一般教養もありますのでやはり専門学校のほうが内容は濃そうにも感じます。

結果、特殊な職業の専門学校が多くなっているのも事実です。

専門学校自体の種類も多いので、状況も様々です。

国の資格を、例えば医療従事関係などをとることが出来る専門学校もあります。

逆にそうしたものとは縁のない専門学校も、もちろんあります。

実際のところ、後者であるイラストの専門学校の場合、卒業してもあまりメリットがないとこの時点で思われてしまいますね。

国家資格を取れる看護関係の専門学校などに比べると、お気楽だと思われるのも事実です。

本当にイラストのテクニックなりを追求したいのなら、いっそ美大に入ったほうが、との意見もよく見られます。

こうしたコメントやコメント返しを見ていると、イラストの専門学校あたりに入っても、意味がないんだなあと思ってしまいますね。

イラスト関係の専門学校は本当に意味がないのか

でもこの手の専門学校、本当に何の意味もないのでしょうか。

絵をしっかりと基礎から学びたい場合

イラストというもの、特に学校に通わなくても独学で描くことも可能です。

活躍しているイラストレーターでも、独学で頑張ってプロになった人のほうが多いと言われています。

しかしここで必要になるのが、テクニックです。

基礎のデッサンなどのテクニックがしっかりしていないと、見る方も目が肥えてきていますから、個性だけでは長続きしないことも多いのです。

そんな人こそ大学に、と言われてしまうかもしれません。

しかし美大関係というものには、入試というハードルがあります。

普通の学科試験だけなら、必死に勉強すれば何とかなります。

しかし実技試験の場合、これは付け焼き刃ではどうにもなりません。

しかもこの実技で、落とされることも多いのが美大の受験です。

美大というところ、すでに絵の上手い人だけが入れるところなのです。

現在のテクニックでは美大の実技試験は無理、まずテクニックを身に着けたい場合、専門学校で学ぶことは無駄にはなりません。

独学だけではきついと思う人のの場合

自分だけでテクニックも画風も個性も、全部見つけなくてはならないのが、独学でのイラスト勉強です。

これ実のところ、かなりの難関です。

強固な意志がない限り、どうしても持続が難しいのですね。

自分はイラストで身を立てたいと思っていても、楽な方につい行ってしまいそうになるという自覚のある人の場合、学校で授業という縛りはお助けになるものです。

全日制のイラストの専門学校は基本2年制です。

この期間学生として授業を受けるというスタイルを取れば、嫌でもテクニック面は磨かれるしデビューの機会も捕まえやすくなるものです。

イラストの専門学校が意味無しと言われるのは

それでもやはり、イラスト関係の専門学校に行くのは、時間とお金の無駄と断言する人もいます。

でも無駄にしてしまうのは、当人の責任でもあるのです。

自覚が足りない場合は専門学校だけでなく

自分の意志が弱く、自分を律することが出来ない人の場合、美大に行ったとしても専門学校だとしても、結果時間を無駄にしてしまいます。

大学の場合まだそれなりに学校側からのフォローもありますが、専門学校の場合それはありません。

それこそ当人の責任と意思に任させているのです。

極端な話、そういった意味では大学に通うよりも厳しい学校事情とも言えますね。

結果必死に勉強をする人も多いのです。

しかし専門学校という名前に甘えて、自覚のない学生も実は多数います。

そしてそうしたタイプの方が、外部の人の目につくのですね。

自覚と将来に対する明確な意思、この2つを持っていないと大学でも専門学校でも、学ぶ意味はないということです。

学校の選択を間違えた

専門学校への入学というもの、特にイラストの場合講師の質が問題になってきます。

特に人気のイラストレーターが講師を、などという言葉に踊らされないようにしたいですね。

他の人気の専門学校もなのですが、そうした餌は結構ばらまかれています。

では実際にそうした講師が来るのかと言えば、人気のあるプロが早々時間の空きがあるものではなく、宣伝倒れになることも多いのです。

そうしたことに踊らされず、きちんとしたプロの講師の教えている学校への入学をおすすめしたいですね。

そういう講師が多く在籍している専門学校なら、もちろん授業はきちんとしています。

でも残念ながら、なかなかそういった学校を見つけるのは難しいものです。

結果、2年何となくの授業だけ、ということにもなってしまい、無駄にお金と時間を使ってしまったということにもなるのです。

いい学校ももちろん多くありますが、やはり悪い噂のほうが突出するものです。

その点も考慮しての学校選びをしていってください。

まとめ

専門学校の2年間、時間とお金を無駄にするかどうかというのは、実は自分自身にかかっていることなのです。

きちんとした講師のいる学校に入学、将来への展望を見失わずにしっかりと授業を受け、在学中にデビューのチャンスも捕まえる努力をしてください。

そうすれば2年間、無駄で無意味ではなくなるのです。